妊娠中、出産後の悩み|オーガニックコスメの選び方|人気のブランドを口コミでチェック
女性

オーガニックコスメの選び方|人気のブランドを口コミでチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中、出産後の悩み

メイク

予防するには保湿が大切

お腹の中で赤ちゃんが順調に育つことは、お母さんにとって安心かつ嬉しいものです。しかし、お腹が大きくなることで心配なのが妊娠線です。妊娠線は一度作ってしまうと、完全に跡を消すということはなかなか難しいことと言われています。そのため「気が付いたらできていた」とならないように、しっかり予防をして妊娠線を作らないようにするということが大切です。妊娠線は、お腹の赤ちゃんが大きく育っていくことで、お腹や腰の皮膚が強い力で引っ張られ、急激に伸びることによる線です。その予防には、専用の保湿クリームを塗って皮膚にしっかりと潤いを与えていきましょう。肌に潤いを与えることで、皮膚が柔らかくなり、亀裂ができにくくなります。お腹だけでなく、おしりや太ももまでたっぷりのクリームで保湿し、ケアしていくことが大切です。

どういった人ができやすい

妊娠線のケアをしていてもできてしまう人もいれば、何もしていないのにもかかわらずできなかったという人もいて、それぞれです。またできやすさには、遺伝や体質によるものが大きいと言っている専門家もいます。それに加え、肌が乾燥して硬いとできやすくなるため、空気の乾燥する冬場は特に気を付けた方が良いでしょう。また、急激な体重の増加で、皮膚がそのスピードに追い付かずに妊娠線ができてしまう人もいます。多胎妊娠の人、経産婦の人などもお腹が大きくなりやすいため、しっかり体重管理をしていきましょう。完全な予防法はありませんが、保湿クリームなどによるケアで全くできなかったという人もいるため、やはり早めにケアしていくことが大切だと言えます。