婦人

オーガニックコスメの選び方|人気のブランドを口コミでチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦の方への豆知識

美容液

どのようなものか

妊娠線とは、妊娠していておなかが大きくなってくるとできる線です。人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織の順でできています。おなかが大きくなるとその一番上にある表皮が引っ張られます。引っ張られるとその部分に亀裂が入り妊娠線ができるという仕組みになっています。また、妊娠線には個人差があり、たくさんひび割れる人もいれば、真ん中の線だけで正中線という線のみできる方もいます。妊娠しておなかが大きくなるということは防げないことなので、どういった対策をすれば妊娠線をできにくく出来るのでしょうか。一番妊娠線ができやすいのは、5か月から7か月です。この期間は急激におなかが大きくなるため特に注意が必要です。

できにくくする対策

妊娠線の発生を防ぐために、まず大切なことは肌の保湿です。乾燥すると肌はより割れやすくなります。その割れを防ぐためにもおなかが大きくなる前からオーガニックコスメのボディクリームやローションなどを塗ることが良いでしょう。また、オイルも併用すればより効果的に保湿することが可能です。オーガニックコスメのボディクリームやローション、オイルであれば肌に優しく、敏感肌の方でも安心して使用することができるでしょう。そういった化粧品には様々なブランドがありますので、自分に合ったブランドを選ぶことをお勧めします。次に大切なのは、体重を増やしすぎないことです。太りすぎると皮膚の伸縮も大きくなるので妊娠線もできやすくなります。ですので、徐々に体重を増やしていくことが重要です。そのため妊娠中も軽い運動をすることが非常に効果的であると考えられます。あとはお風呂にゆっくりとつかることも重要です。お風呂に入れば血行もよくなり、妊娠線ができにくいからです。

妊娠中に必要なスキンケア

化粧水

妊娠線予防には、オイルやクリームが最適です。その中でも、保湿性の高いものを選んで使用するとより効果的です。妊娠線は、急な体重増加で出来やすくなるので、食事や運動などで出産まで体重管理に気をつけることが大事です。

もっと読む

お腹の肌の裂け目

背中

外果皮の硬い果物は、果肉が成長すると裂けますが、妊娠中の女性のお腹の肌も、硬いと裂けることがあります。これを妊娠線というのですが、これはボディ用の基礎化粧品で肌を柔らかくすることで予防可能となっています。妊娠線の予防専用の基礎化粧品もあり、これには肌に優しい低刺激な成分や美白成分が配合されています。

もっと読む

妊娠中、出産後の悩み

メイク

妊娠し、お腹が大きくなることで、お腹や腰の皮膚が引っ張られ、急激に伸びることでできる妊娠線。できてしまうと簡単には消せるものではないため、保湿をして予防していくことが大切です。できやすい人、できにくい人は人それぞれですが、乾燥や体重の急激な増加にも気を付けながら、早めにケアしていきましょう。

もっと読む